ONLY ONE NAME

2021/03/01 12:00

このコーナーは、Boojilが描いたネームアートをお贈りした方に、直接会いに行き

名前の由来やその人の背景をご紹介するインタビュー連載です。

今回は番外編として、わたしの実の息子である「歓(かん)」のネームアートをご紹介させていただきます。

子育ては本当にあっという間。大変なこともたくさんあるけれど、今思えばあの頃が懐かしい・・・

早いもので、息子も5歳を迎え、先日所縁のある神社で七五三のお祝いをした。

そのお祝いに、母のわたしからは、ネームアートを描いてプレゼントをした。
息子の名前を決める時、一生呼び続けるのだから
まず、誰にでも読めることと、言葉に出した時に呼びやすい名前にしたかった。

「歓」かん

夫が大の音楽好きで、CANという名のバンドの音楽が好きだという話をしていたとき
「かん」って、いいね。と候補に挙げた。

英語でCANは「I」を足したとき ” I can 〜"(〜できる)という意味になることも良い響きだなと感じた。
これからの時代は、自分の中に得意とするなにかを見つけると、きっと生きやすいのではないかとわたしは思う。

かん、という響きにどんな字が合うだろうと探していたところ「歓」という字を見つけた。

人を歓迎し、歓迎される人になってほしい。
この世では、人を愛し、愛されることがとても大切。
歓びに満ちた人生を送れますように。

ネームアートは、初めて歓が産まれた日のことを思い出しながら描いた。
初めて腕に抱いたときのこと、夫と大切に育て上げようと愛をもって約束した日のこと。

歓びとは、ただ単に自分だけが感じるものではなく、これからの時代は他者とのつながりはもちろん、
そして、自然の中からも歓びを見つけられるといいなと思っている。

自然界にある、虹、ちょうちょ、てんとう虫、コガネムシ、土、月、雲、星を描いた。

最後に成長した歓を描き、たくさんの出会いを求めて旅ができるようリュックを背負わせた。


受け取った瞬間、とても喜んでくれたようで
はにかみながら「ありがとう、ママ」と伝えてくれた。

初めての子育ては、右も左も分からずに進み、何が正解なのか、昔はその答えを見つけようと模索していたけれど
自分の中で子供と寄り添い、見つけた「しあわせ」が自分にとっての正解なのだと思うようにしている。

それでも、時折、息子とはぶつかって喧嘩したり、怒り過ぎてしまったりすることもたくさんある。

母のわたしとだけでなく、
これから彼が成長していく中で、きっといろんな壁にぶつかることがあるだろう。

そんな時、ふと、飾ってあるこの絵を見た時に

”あなたが産まれたことが、最大の「歓び」である”ことを、どんな時も忘れないでほしいなと、母は願っている。

七五三、心からおめでとう。

文章:Boojil
取材場所:石神井氷川神社